読書会報告

  • 2018.07.03 Tuesday
  • 23:30

6月30日に読書会が開かれました。

テーマの本:
ゾルタン・ドルニェイ (著)、米山 朝二・関 昭典 (訳)『動機づけを高める英語指導ストラテジー35』大修館書店(2005年)

 

この本では、動機づけを「基礎的な環境づくり」「学習開始時の動機づけ喚起」「動機づけの維持と保護」「肯定的な自己評価の促進」の4種類に分けて論じています。学校で英語の授業が始まったときはやる気にあふれていたのに、いつの間にか英語嫌いになっていた、という生徒は、「動機づけの維持と保護」に問題があったのかもしれませんし、学校での授業は問題なくこなしていたけれど、卒業したらやる気がしない、という人は、「肯定的な自己評価の促進」が不足しているのかもしれません。学習者がどの段階にいるのか、ということを考えることも大切だということが、よくわかりました。
 

続きを読む >>

読書会報告

  • 2018.04.29 Sunday
  • 00:40

4月28日(土) 読書会を開催しました。

 

テーマの本:

阿部公彦(2017)『史上最悪の英語政策 ウソだらけの「4技能」看板』ひつじ書房

 

参加者は計3人でしたが、いろいろな意見が出ました。

予想通り、それぞれ「我が意を得たり」的なところと、「それはないでしょ」的なところがあったようです。

主な意見を「記事の続き」にまとめます。

 

参加者のうち二人が、安河内氏の「全解説 英語革命2020」も合わせて読んでいました。

(私はまだ読んでいる途中ですが)

この本は書店では「学参」の売り場にありました。

今後はこのように生徒が読むような本も取り上げてみるのも良いかな、と思います。

 

今後の予定については、語学教育研究所のトップページのお知らせに掲載します。

来月(5月)は休む予定です。

 

 

 

 

続きを読む >>

"All Because of the Mistake"と"Ysrael"

  • 2018.04.29 Sunday
  • 00:18

JUGEMテーマ:英語の文学

Paddy Clarke Ha Ha Haは2月で読み終わり、

3月からはまたThe Art of the Storyに戻りました。

3月には"All Because of the Mistake"

4月には、"Ysrael"と、"Ysrael"に関連した"No Face"(出典は別)を読みました。
 

続きを読む >>

PR

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

本棚

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM