Paddy Clarke Ha Ha Ha

  • 2018.01.26 Friday
  • 00:32

JUGEMテーマ:英語の文学

 

読み始めました。

が、なかなか読み進めません。

アイルランド英語が手ごわいです。

アイルランド英語の表現を集めたサイトなどを参照しつつ

想像をめぐらしながら読んでいます。

ときどき、1966年頃のアメリカのドラマの話が出てきて、

懐かしく思い出します。

アイルランドと日本で、同じアメリカドラマを共有しているなんて

なんだか不思議だけれど、うれしい感じがします。

原子力潜水艦シービュー号、なんて思い出したのは何年振りでしょう。

そのほか、ウッドペッカーや、ナポレオン・ソロ。

でもmickeyというのは、ミッキーマウスではなく、

あれまぁ、そういう意味だったのね、と赤面です。

 

まだ全体の四分の一ほどしか読んでいないので

話はまったく展開していません。

でも登場人物それぞれが、場面によっていろいろな面を見せて描かれていて

とくに主人公の両親は、ただのいい夫婦でないことが少しずつ分かってくるので

うまい描き方だなぁと思います。

いろんなforeshodowingがありそうです。

文章、とくに対話に勢いがあって、ブッカー賞だけのことはあるなと納得。

カズオ・イシグロよりも、私好みかもしれません。

 

The Art of the Story in December 2017

  • 2018.01.01 Monday
  • 17:07

JUGEMテーマ:英語の文学

The Art of the Storyより

Jim Crace The Prospect from the Silver Hills

Edwidge Danticat Night Women

Lydia Davis The House Behind

の3篇を読み終わりました。

 

 

続きを読む >>

半年ぶり:最近の読書の状況

  • 2017.11.21 Tuesday
  • 15:12

JUGEMテーマ:英語の文学

 

クラスでは、The Art of the Storyを継続して読んでいます。

Sandra CisnerosのNever Marry a Mexicanを読み終わり、

次回はJim CraceのThe Prospect from the Silver Hillsを読み始めます。

 

先月は、このアンソロジーに多く含まれている、いわゆる「世界文学 World Literature」に関する雑誌記事を読みました。

1つめは解説記事、2つめはこのジャンルに属すると思われる短編です。

https://newint.org/features/web-exclusive/2016/09/23/what-exactly-is-world-fiction/

https://newint.org/features/2016/10/01/in-the-garden

 

「世界文学」の定義は難しいので、深入りしないようにしたいと思います。

 

なお年明けからは、以下の長編を読む予定です。

Paddy Clarke Ha Ha Ha by Roddy Doyle

(https://en.wikipedia.org/wiki/Paddy_Clarke_Ha_Ha_Ha)

アイルランド作家のブッカー賞受賞作(1993年)で、

洋書バーゲンで買った後、私の本棚で長らく「積読」になっていた本が

ようやく日の目を見ることになりました!

 

個人的な読書状況としては

続きを読む >>

PR

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

本棚

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM