半年ぶり:最近の読書の状況

JUGEMテーマ:英語の文学

 

クラスでは、The Art of the Storyを継続して読んでいます。

Sandra CisnerosのNever Marry a Mexicanを読み終わり、

次回はJim CraceのThe Prospect from the Silver Hillsを読み始めます。

 

先月は、このアンソロジーに多く含まれている、いわゆる「世界文学 World Literature」に関する雑誌記事を読みました。

1つめは解説記事、2つめはこのジャンルに属すると思われる短編です。

https://newint.org/features/web-exclusive/2016/09/23/what-exactly-is-world-fiction/

https://newint.org/features/2016/10/01/in-the-garden

 

「世界文学」の定義は難しいので、深入りしないようにしたいと思います。

 

なお年明けからは、以下の長編を読む予定です。

Paddy Clarke Ha Ha Ha by Roddy Doyle

(https://en.wikipedia.org/wiki/Paddy_Clarke_Ha_Ha_Ha)

アイルランド作家のブッカー賞受賞作(1993年)で、

洋書バーゲンで買った後、私の本棚で長らく「積読」になっていた本が

ようやく日の目を見ることになりました!

 

個人的な読書状況としては

続きを読む >>

一時復帰します

1月21日からクラスに復帰すべく、予約しました。
4月からはまた仕事のために出席できないので、今期のみです。
いま何を読んでいるか電話で尋ねたところ、今期はBritish Short Storiesを読むことになっているが、1月21日頃にはTasteを読んでいるかも、ということでした。
前期はSteel Magnoliasだったとか?
Steel Magnoliasは映画で見たような気がしますが、良く覚えていません。戯曲を読んだのでしょうか。
ウェブサイトでは「満席のため新規募集はしていません」と書いてありましたし、途中からの受講はできないと始めは言われたのですが、いずれもクリアしてしまいました。
どうもすみません。(?)

なお土曜午前に新宿のクラスも予約しました。
こちらはエッセイを読む予定。
先日アマゾンで注文したテキストが、もうすぐ届く予定です。
あ〜、やっと休みに入る気分になってきました。

実際はあと3週間くらい仕事があるのですが。

久しぶりです

デザインを変えてみました。
ふつうに見ても、字が大きく、書き込み範囲が広いので。
試訳の続きは夏休みに。