Paddy Clarke Ha Ha Ha

  • 2018.01.26 Friday
  • 00:32

JUGEMテーマ:英語の文学

 

読み始めました。

が、なかなか読み進めません。

アイルランド英語が手ごわいです。

アイルランド英語の表現を集めたサイトなどを参照しつつ

想像をめぐらしながら読んでいます。

ときどき、1966年頃のアメリカのドラマの話が出てきて、

懐かしく思い出します。

アイルランドと日本で、同じアメリカドラマを共有しているなんて

なんだか不思議だけれど、うれしい感じがします。

原子力潜水艦シービュー号、なんて思い出したのは何年振りでしょう。

そのほか、ウッドペッカーや、ナポレオン・ソロ。

でもmickeyというのは、ミッキーマウスではなく、

あれまぁ、そういう意味だったのね、と赤面です。

 

まだ全体の四分の一ほどしか読んでいないので

話はまったく展開していません。

でも登場人物それぞれが、場面によっていろいろな面を見せて描かれていて

とくに主人公の両親は、ただのいい夫婦でないことが少しずつ分かってくるので

うまい描き方だなぁと思います。

いろんなforeshodowingがありそうです。

文章、とくに対話に勢いがあって、ブッカー賞だけのことはあるなと納得。

カズオ・イシグロよりも、私好みかもしれません。

 

The Art of the Story in December 2017

  • 2018.01.01 Monday
  • 17:07

JUGEMテーマ:英語の文学

The Art of the Storyより

Jim Crace The Prospect from the Silver Hills

Edwidge Danticat Night Women

Lydia Davis The House Behind

の3篇を読み終わりました。

 

 

続きを読む >>

A Gifr from Somewhere

  • 2017.01.09 Monday
  • 00:44

JUGEMテーマ:英語の文学

2016年7月からThe Art of the Storyを読んでいます。

著者名のアルファベット順に短編が収録されています。

始めはガーナのAma Ata Aidooが書いたA Gift from Somewhere

どこかおとぎ話のような、でもちょっと批判的なような、不思議な感覚。

解釈のヒントを求めてウェブ上を見ていたら、以下の論文が見つかりました。

Katalin Egri Ku-Mesu (1997) 

Whose relevance? Interpretation of Hybrid Texts by a Multiple Audience

Edinburgh Working Papers in Applied Linguistics, n8, p44-53

著者はガーナ人、関係性理論に関連する論文のようです。

この短編については、例としての説明があり、

ガーナの言葉や事情に詳しい人なら人名でその人の背景や状況がわかるが、

地域についての知識がない人には全く情報がない

という事態が起こるらしいです。

英語の翻訳で読んでいる人には、ただの訳の分からない固有名詞でも

ガーナの地元の言葉が分かる人には意味を持つ名前だ、ということです。

まぁ、そういうこともありますね。

同じ地域についての物を読んでも、時代によってわからなかったり

同じ時代でも年齢や興味の対象によって、知識の量と種類は違います。

人間同士は分かり合えない、というのが基本だと思わないといけないですね。

 

PR

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

本棚

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM