砂漠でサーモン・フィッシングほか

JUGEMテーマ:英語の文学

「砂漠でサーモン・フィッシング」
「トリフィドの日」
おまけ「桐島、部活やめるってよ」

「砂漠でサーモン・フィッシング」を見ました。
原作はSalmon Fishing in the Yemen、著者はPaul Torday。
http://www.amazon.co.jp/Salmon-Fishing-Yemen-Paul-Torday/dp/0753821788
翻訳は『イエメンで鮭釣りを』、ポール トーディ 著、小竹 由美子 訳、白水社刊
アマゾンに出ている出版社のコメントによると、著者トーディは「2007年に本作でデビュー。たちまち評判を呼び、60歳にして遅咲きのベストセラー作家となった」そうです。
映画タイトルの「砂漠」はイエメン(英語名は定冠詞が付く)のことですが、映画の撮影はモロッコで行われたようです。
奇想天外な話なので、どの程度現実性があるのか知りたくて、小説も読んでみたくなりました。映画のセリフは聞き取りやすく、職場での会話が多いので、英語教材としても向いていると思いました。小説のほうの文章も読みやすそうです。

テレビで「パニック・イン・ロンドン」というテレビ映画を見ました。
このタイトルでは完全なるB級というイメージになってしまいますが、原作はジョン・ウィンダムJohn Wyndham Parkes Lucas Beynon Harris (1903〜1969)の「トリフィドの日」(The Day of the Triffids)。私はこのタイトルで馴染みがありますが、「トリフィド時代」というタイトルの翻訳も出ていて、この方が意味としては良いようです。映画の中でも主人公が「人類の時代は終わって、トリフィドの時代が来た(the day of the Triffids has come)」と言っていました。
テレビ映画は現代的に翻案されていますが、基本的には同じ内容です(原作を読んだのは、はるか昔なので、詳細は覚えていません)。「ラストデイズ・オブ・ザ・ワールド」というタイトルでDVDになっているようです。
*1
Oxford Bookworms Library (Stage 6) Meteor and Other Storiesにはウィンダムの短編が4編retoldで含まれています。またOxford Bookworms CollectionのA Window on the Universeには"Stitch in Time"が原文のまま収録されています。
Penguin ReadersにはThe Chrysalidsのリトールド版があります。以前にテキストとして使ったことがありますが、これはダメでした。リトールドの仕方の問題もあったと思いますが、そもそもリトールドは何週間もかけて読むものではなく、一気にストーリーをたどって読むことにしか耐えない物だと思います。それ以来、テキストとしてリトールドを使ったことはありません。*2

英語ではないけれど、しばらく前に「桐島、部活やめるってよ」も見ました。
同名の原作小説は朝井リョウ作、集英社文庫で出ています。
小説の方は、登場人物一人ひとりを各章の中心に据えて、それぞれの視点から書かれています(と立ち読みして思ったので、詳細に読んだら違うかも?)。映画の方も、やはり同じ日の同じ場面を、違う視点で描いています。名作「藪の中」を思い出しました。
著者が大学在学中のデビュー作で、監督が文庫版のあとがきに書いていたように、高校生と近すぎず遠すぎない微妙な距離感がすごいと思いました。

続きを読む >>

物語と異文化コミュニケーション

JUGEMテーマ:英語の文学
図書館の検索結果の中から偶然見つけた本を読んでいます。
青木順子著
『虚構世界』と『現実世界』(『小説を読む』と『異文化コミュニケーションを学ぶ』を繋ぐ)
大学教育出版 2007年

映画化された作品がたくさん例として取り上げられています。話の焦点は「マイノリティー」や「正義」などで、解説は少々難しいですが、映画や予告編で内容を大体知っているものが多いので、なんとなく納得して読めます。

実はまだ初めの方、ブリジット・ジョーンズが取り上げられているところを読んでいます。
以前、授業で使ったイギリスのテレビコメディ"Is It Legal?"のセリフ中にthe Cones Hotlineというのが出てきて、なんだろうこれは?とネットで検索していたら、新聞連載のコラムだったブリジット・ジョーンズに行き当ったのを思い出しました。the Cones Hotlineは道路工事に関する苦情申し出用の公共の電話番号らしいのですが、ブリジットは夜中に電話して、出てきたオペレーターとおしゃべりをして孤独を紛らわしていました。それくらいこの電話は無駄だった、ということでもあります。(ブリジット・ジョーンズはもともと作者が新聞に連載していたコラムを小説としてまとめたもので、the Cones Hotlineの話は、小説版にはないみたいです。)

閑話休題。筆者によると、ブリジットは優れたコミュニケーターです。意地悪な質問に対して面と向かって言い返すことはせず、「一貫して善意を基本にしたコミュニケーション」を取り、常にポジティブさを失わないため、読者は共感するとともに、ヒーロー的な素晴らしさを認めるのだと。 筆者はブリジットをはじめ女性一般は、「不公平なコミュニケーション」において、協力を要求される立場だと言います。
ここでデボラ・タネンの説く男女のコミュニケーションギャップの話が出てきます。以前クラスで"You Just Don't Understand"を読みましたが、筆者は、女性に気遣いを要求するタネンの説は不公平だと言います。
でも鈍感な人と、よく気が付く人がいた場合、気が付く人の方が鈍感な人に対して、コミュニケーションがうまく進むように協力するよう要求されるのは当然だと思います。気が付かなければ協力はできないですから。よく気の付く男性と、鈍感な女性がいたら、男性が溝を埋める努力をすることになりませんか?
続きを読む >>

わたしを離さないで

JUGEMテーマ:英語の文学
久しぶりです。やっと少し時間の余裕ができました。
映画の「わたしを離さないで」を見ました。原作は読んでいません。

このあと、あれこれネタバレがあります。

まったく事前情報なしで見たので、SFだとも思わず、手首のセンサーに度肝を抜かれてしまいました。
しかしこれはSFだと思わない方が良いのかもしれません。ウィキペディアに「抑制された文体で人間と社会の新たな関係を描き出した本作は、英文学者の柴田元幸がイシグロの最高傑作と激賞する一方、作家の佐藤亜紀はあまりにエモーショナルな情動を追いすぎていると酷評し、2006年のワースト作品であると公言した」と書かれていますが、SFだと思うと、佐藤亜紀さんの意見に近くなってしまいます。

他のいろいろな映画を思い出しました。「ブラジルから来た少年」、日本のコミックの映画化「イキガミ」、それに何より、ユアン・マクレガーとスカーレット・ヨハンソンの「アイランド(The Island)」。2005年の映画なので、小説Never Let Me Goと同年に発表されたのですから、どちらかがどちらかのパクリというわけではなさそうです。
続きを読む >>