スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

The Old Bus

JUGEMテーマ:英語の文学
4月に読んだのは,Richard Brautiganの"The Old Bus"。
短編集Revenge of the Lawn「芝生の復讐」の中の一編。
ブローティガンは大学生の頃に友人の間で話題になっていた作家で
たしか「愛のゆくえ」The Abortion: An Historical Romance 1966の翻訳を文庫で読んだ記憶が。
でも,面白いのか面白くないのか分からなかった記憶も。
なかなか波乱の人生だった作家のようで
日本人女性と結婚して,日本に住んでいた時期もあったようです。
代表作は「アメリカの鱒釣り」 Trout Fishinng in America
これって映画「砂漠でサーモン・フィッシング」にもなった
「砂漠で鮭釣りを」Salmon Fishing in the Yemenのタイトルの元ネタでしょうか。

さて,「年寄りバス」です。
年寄りなのはバスではなく,その乗客。
語り手は若い男性のようなので,作者ブローティガン自身と思われる。
同じバス停で待っていた年配の女性を,中世の騎士の如くうやうやしく先に乗せて,
やれやれと座席に座って辺りを見回すと,
おや? おやおや?
周囲は年寄りばかり。
さて語り手は,この後,どうしたか。
続きを読む >>

How Poor We Are

JUGEMテーマ:英語の文学


先週クラスで読んだ話はこれです。
"How Poor We Are"
http://paulocoelhoblog.com/2014/02/28/how-poor-we-are/
「アルケミスト」の作者,パウロ・コエーリョさんのブログ。
この話はコエーリョさんに送られてきた物語ということですが,ウェブ上のあちこちで見られます。
キリスト教系のサイトに掲載されているので,教会での訓話として伝えられているものかもしれません。
英語版の数種類を見た限りでは,一字一句すべて同じなので,どこかに書かれたものがありそうです。

 
続きを読む >>

A Piece of My Mind

JUGEMテーマ:英語の文学
アメリカのお医者さんたちが書いたエッセイ集です。
まだ3編しか読んでいません (><) ダメじゃん。
でもそのバラエティには驚かされます。
新しくクリニックを開く人のドキドキ感
夜中に呼び出されてお産を助けた達成感
クリニックをたたんで現役を引退するやるせなさ
社会的には高い地位にいるとはいえ
医者という仕事が只の仕事ではないことを思い知らされます。
専門用語多数なので、これを機会に医学用語に強くなれます。
お産の様子を読んでいたときは、自分の経験と合わせて理解が進みました。
Wikipediaも役に立ちました〜!
日本語訳も出ているみたいですね。
『医者が心をひらくとき』(医学書院 2002)
雑誌に掲載されていたエッセイ という割には
長さがそろっていないので、ちょっと読みにくい
けれども、それだけ多様で面白いと言うべきでしょう。

本の詳細は右コラムの下にあるブクログの本棚で見られます。